大曲の花火、桟敷席直接販売に長蛇の列 抽選は行われず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県内外の1390人が列を作った桟敷席の直接販売会場

 来月25日に秋田県大仙市で開かれる第92回全国花火競技大会(大曲の花火)の桟敷席の直接販売が1日、同市大曲通町の大曲商工会議所前のヒカリオ広場で行われ、県内外の1390人が列を作った。抽選を行う基準の2千人に達しなかったため、全員が桟敷席を購入する権利を得た。

 大会実行委員会が抽選券を配布。列に並んだ人は、用意した日傘で日差しを避け、折りたたみ椅子やシートに座るなどして抽選の有無が発表される午前9時を待った。定刻と同時に花火が打ち上げられ、抽選を行わないという放送が流れると、列のあちこちから拍手が上がった。

(全文 506 文字 / 残り 249 文字)