秋田犬と暮らす協力隊員着任 ネットで情報発信担う、大館

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
福原市長から委嘱状を受け取る加藤さん(左)と原田さん

 秋田県大館市は5日、秋田犬の子犬と暮らす地域おこし協力隊員として、新たに女性2人に委嘱状を交付した。能代市出身の原田櫻さん(20)と愛知県弥富市出身の加藤瞳さん(22)で、秋田犬を含めた市の観光情報などを発信していく。市役所で福原淳嗣市長から委嘱状を受け取った2人は「秋田犬の魅力をより多くの人に伝えていきたい」と抱負を語った。委嘱は今月1日付。

 市は秋田犬を活用した情報発信を進めている。原田さんと加藤さんは1匹ずつ子犬を育て、日々の様子をインターネットを通じて伝えていく予定。2人はそれぞれペット専門学校を卒業しており、原田さんは宮城県富谷市のペットサロン、加藤さんは愛知県弥富市の動物病院に勤務していた。

(全文 704 文字 / 残り 398 文字)

秋田の最新ニュース