男鹿で土砂崩れ、けが人なし 秋田市南部に避難準備情報

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大雨の影響で増水した秋田市上北手の猿田川上流=7日午後4時半ごろ

 西日本など広い範囲で記録的大雨となった7日、秋田県内でも前線が北上した影響で一部で大雨になった。男鹿市で土砂崩れが発生したほか、JRの在来線の一部列車が運休。秋田市は洪水の恐れがあるとして、市南部の住民に一時、避難準備情報を出した。

 秋田地方気象台によると、降り始めの6日午後8時からから7日午後4時までの降水量は、男鹿真山98ミリ、大潟85ミリ、秋田81ミリなど。

(全文 498 文字 / 残り 314 文字)