秋田犬と旅をテーマに 内陸線田んぼアート見頃【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
車窓から見た前田南―阿仁前田間の田んぼアート「森吉山の花」

 北秋田、仙北両市を通る秋田内陸線沿線の田んぼ5カ所で、色とりどりの観賞用稲で絵を浮かび上がらせた「田んぼアート」が見頃を迎えた。車窓や駅のホームから見ることができ、列車の利用客を楽しませている。

 テーマは「秋田犬と旅」。2匹の秋田犬が沿線の観光地を巡る様子を、黄や紫、白などに色づく5種類の苗を植えて表現した。

 阿仁合―小渕間(北秋田市)で見ることができるのは、秋田犬が森吉山でスキーをする姿を描いた「白銀の森吉山」。前田南―阿仁前田間(同)では「森吉山の花」、上桧木内駅(仙北市)のホームでは「西木の紙風船」を題材に、ともに秋田犬のかわいらしい田んぼアートが登場している。

(全文 602 文字 / 残り 314 文字)