元朝青龍、マサオに満面の笑み 「秋田から来てくれて感謝」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
贈呈された秋田犬「マサオ」を抱く大相撲の元横綱朝青龍、ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏=10日、ウランバートル近郊

 【ウランバートル共同】秋田犬保存会は10日、大相撲の元横綱朝青龍でモンゴル大統領特使を務めるドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(37)に雄の子犬「マサオ」を贈呈する式典を、同国の首都ウランバートル近郊の草原で開いた。元朝青龍関は「遠い秋田から来てくれて感謝。家族の新しいメンバーだ」と満面の笑みを浮かべた。

 子犬は5月10日に秋田県大館市比内町で生まれた赤毛の雄。同町の畠山正二さん(75)が飼育してきた。名前は、平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=に贈られた雌「マサル」のいとこであることにちなんだ。

(全文 450 文字 / 残り 175 文字)