「特殊詐欺に気を付けて」 八郎潟小児童、住民宛てにはがき

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
特殊詐欺被害防止を呼び掛けるメッセージを書く児童
特殊詐欺被害防止を呼び掛けるメッセージを書く児童

 秋田県八郎潟町の八郎潟小学校(小林真人校長)の4~6年生114人が9日、地元住民に特殊詐欺被害防止を呼び掛けるはがきを書いた。はがきは23日以降、町内の各世帯に順次配達される。

 八郎潟郵便局と町防犯協会、五城目署が協力して企画。地元企業の協賛金で用意したはがきには、あらかじめ「電話で還付金の話をする」「ATMに行くよう指示する」など特殊詐欺の手口と、警察の相談電話の番号「♯9110」を印刷した。

(全文 474 文字 / 残り 274 文字)