今年は平年作 大館・大日神社で「湯立ての神事」【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
今年の稲の作柄を占った「湯立ての神事」

 秋田県大館市比内町独鈷の大日神社(神成幸忠宮司)の例大祭が11日、同神社境内で行われた。神職が「湯立ての神事」で今年の稲の作柄を占った結果、「全体的には平年作」と出た。

 地域住民ら約30人が見守る中、直径60センチの大釜の中で煮え立った湯を2人の神職が稲わらの束でかき回し、泡の立ち具合などで作柄を占った。「湯の花」と呼ばれる泡がよく立つほど豊作とされる。

(全文 307 文字 / 残り 128 文字)