新特産品にライスミルクジェラート、秋田犬ピアス【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
食品部門で金賞に輝いた「ライスミルクジェラート」

 秋田県内事業者が製造した優れた特産品を選ぶ「あきた食のチャンピオンシップ2018」の表彰式が12日、秋田市御所野の秋田テルサで開かれた。最優秀賞の金賞に、食品部門はノリット・ジャポン(秋田市大町、菅原久典社長)の「ライスミルクジェラート」、工芸部門はこしゃる店篠田宝飾(秋田市中通、篠田大祐社長)の「シルバー製秋田犬ピアス」がそれぞれ輝いた。

 本県の魅力を生かした新たな土産品や特産品を見いだそうと、県が2015年から毎年開催している。今年は食品部門に67社96点、工芸部門に22社30点の出品があった。11日に百貨店のバイヤーら22人が審査し、商品のデザインや価格、地域性などに着目し、入賞商品を決めた。

(全文 960 文字 / 残り 656 文字)