間瀬新体制スタート、BB秋田 合流後初の練習

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
合流後の初練習で選手を指導する間瀬監督(中央)=秋田市のスペースプロジェクト・ドリームフィールド

 サッカーJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)の間瀬秀一新監督(44)が12日チームに合流し、秋田市で行われた練習で早速指導に当たった。今季前半戦で低迷したチームの立て直しへの手腕が注目される。

 間瀬監督は三重県出身。2015年から秋田で指揮を執り、16年に当時最高の4位に導いた。16年シーズン終了後に退任し、J2愛媛の監督に就任。今年5月に成績不振を理由に解任された。

 秋田は今季(全34節)の前半17節を終えて6勝3分け7敗(勝ち点21)で9位。後半戦の巻き返しを懸け、前監督の杉山弘一氏(46)を解任し、間瀬監督と11日付で契約した。

(全文 792 文字 / 残り 521 文字)