地上イージス国会議員に問う[石井浩郎氏]国の丁寧な説明必要

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
石井浩郎氏(自民・参院本県選挙区)
石井浩郎氏(自民・参院本県選挙区)

【石井浩郎氏 自民・参院本県選挙区】

(1)地上イージスの国内配備への賛否=どちらかといえば賛成

 中長期的な国防の観点から弾道ミサイル防衛の強化は必要だ。現在はイージス艦が弾道ミサイル防衛の任に当たっているが、整備や補給のために帰港して防衛に隙間が生じるのが避けられない上、洋上任務が繰り返される乗組員の勤務環境も極めて厳しい状況にある。国民の生命と財産を守るため、真に必要な防衛力の向上を図らなければならない。

 先月の米朝首脳会談の成果もあって、北朝鮮が頻繁にミサイルを発射した昨年とは状況が変わったが、わが国を射程に収める弾道ミサイルが数百発存在する事実から目をそらすことはできない。20、30年先の中長期的な視野に基づいて考えるべきだ。

(全文 853 文字 / 残り 533 文字)

この連載企画の記事一覧