地上イージス国会議員に問う[中泉松司氏]不安払拭が大前提に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中泉松司氏(自民・参院本県選挙区)
中泉松司氏(自民・参院本県選挙区)

【中泉松司氏 自民・参院本県選挙区】

(1)地上イージスの国内配備への賛否=賛成

 北朝鮮はミサイル発射や核実験を繰り返してきた。米朝首脳会談を経て態度に変化が見られるものの、日本に対する脅威が払拭されているわけではない。ミサイル防衛体制を強化して備えなければいけないと思う。

 米朝首脳会談後は緊張緩和の動きがあり、日本もその方向に努力すべきだ。しかし、核と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の廃棄が前向きに進んだとしても、日本を射程に収める中短距離のミサイルが廃棄されるかは分からない。海外諸国の軍隊は武力としての兵器を持っており、北朝鮮が攻撃能力を持たなくなるということは考えにくい。

(全文 857 文字 / 残り 567 文字)

この連載企画の記事一覧