道の駅ふたつい、グランドオープン 地域の拠点施設に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
グランドオープンを祝い、風船を飛ばす子どもたち
グランドオープンを祝い、風船を飛ばす子どもたち

 移転新築した秋田県能代市二ツ井町の「道の駅ふたつい」が15日、グランドオープンした。農産物の産直やソフトクリームなどの軽食コーナーは先行オープンしており、この日は食堂がフルメニューで本格営業を始めた。

 正面玄関前で行われたセレモニーで、施設を運営する「株式会社道の駅ふたつい」の高橋剛社長が「きみまちの里二ツ井の観光や歴史、文化の良さを伝え、地域の拠点施設を目指したい」とあいさつした。

(全文 276 文字 / 残り 82 文字)