大太鼓、ごう音響かす 北秋田市、綴子神社で例祭【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
ごう音を響かせて集落内を進む大太鼓
ごう音を響かせて集落内を進む大太鼓

 秋田県北秋田市の綴子神社(武内尊英宮司)の例祭が15日開かれ、最大で直径3・8メートルの大太鼓がごう音を響かせて集落を練り歩いた。

 武士ややっこなどの衣装をまとった地域住民による大名行列が大太鼓を先導。集落の一角を出発し、神社までの約300メートルを45分ほどかけてゆっくりと進んだ。沿道には大勢の見物客が詰め掛け、大太鼓の迫力に見入ったり、盛んにカメラのシャッターを切ったりした。

(全文 337 文字 / 残り 145 文字)