童謡の魅力を伝えたい 横手市、市民合唱団が22日に公演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
声を合わせリハーサルに励む団員=8日、横手市民会館

 秋田県横手市の市民合唱団「響け歌のWA!合唱団」(矢野幸子代表)が、22日に横手市民会館で開く年1度のコンサートに向け練習を重ねている。4回目の今年は、誰もが親しめる童謡を特集。団員たちは「末永く歌い継がれるよう、多くの人に童謡の魅力を再認識してもらえる場にしたい」と張り切っている。

 合唱団は、2014年の国民文化祭の際に同市で開かれた「合唱フェスティバル」の出演者らで結成。翌年から夏にコンサートを開き、聴衆に加入を呼び掛け活動している。現在の団員は、小学生から80代までの約60人。

(全文 698 文字 / 残り 453 文字)