ストレッチを実践、健康の大切さ学ぶ 秋田市で講座

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
椅子に座ったままできるストレッチをする参加者
椅子に座ったままできるストレッチをする参加者

 理学療法週間(14~20日)に合わせた公開講座がこのほど、秋田市中通のアトリオンで開かれた。高齢者ら140人が参加、体操や身体機能測定などを通じ、健康の大切さを学んだ。県理学療法士会(菅原慶勇会長)の主催。

 参加者は、簡単なストレッチや軽い筋力トレーニングなどの運動をまとめた「いいあんべぇ体操」を体験。片足を前に出し、上体を前に倒して太ももの後ろを伸ばす運動など、椅子に座ったままできるストレッチを実践した。

(全文 410 文字 / 残り 204 文字)

秋田の最新ニュース