漁見学や仕分け体験など 県外在住者、漁業の魅力に触れる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
漁業者に交じり魚の仕分け作業を体験する参加者(右)

 漁業に関心を持つ県外の人を対象にした「漁業就業体験」が14~19日の6日間、秋田県男鹿市と潟上市で開かれている。宮城、栃木、千葉3県の3人が参加。16日は男鹿沖で大型定置網漁を見学するなどし、漁師の仕事に理解を深めた。

 漁師の担い手確保を目的に、県の委託を受けたNPO法人あきた地域資源ネットワーク(秋田市)が実施しており3年目。

(全文 490 文字 / 残り 324 文字)