藤井聡太七段が銀河戦本戦へ 15歳最後の日、勝利で飾る

お気に入りに登録

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は18日、大阪市の関西将棋会館で指されたテレビ棋戦の銀河戦予選で藤原直哉七段(53)を破り、15歳最後の日を勝利で飾った。2018年度の通算成績は11勝3敗。

 藤井七段は10月以降に放送される「第27期銀河戦」の本戦に出場する。