猟銃使いシカ駆除へ、白神山地 県が今秋から実施

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 ニホンジカの対策などについて話し合った会議
ニホンジカの対策などについて話し合った会議

 国と秋田、青森両県でつくる白神山地世界遺産地域連絡会議が18日、秋田市の東北森林管理局で開かれ、白神周辺で目撃が相次ぐニホンジカについて、県が今秋から猟銃を使った駆除に乗り出す方針を明らかにした。

 猟銃による駆除は八峰町で実施する予定。期間は秋から冬を見込んでおり、県猟友会に委託する。

(全文 367 文字 / 残り 223 文字)