スポーツ指導員で新たな一歩 元ハピネッツ選手・高橋さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オープン前の準備作業に従事する高橋さん
オープン前の準備作業に従事する高橋さん

 プロバスケットボール・秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)の元選手の高橋憲一さん(37)が、出身地の秋田県潟上市に10月オープン予定の健康・防災拠点施設「トレイクかたがみ」で、スポーツ指導員として新たな一歩を踏み出す。今月1日付で施設の指定管理者の職員となり、現在オープン前の準備作業に従事している。「選手時代の経験を生かし、古里の健康づくりに貢献したい」と話す。

 高橋さんは同市昭和大久保出身。秋田工高から東北学院大に進み、日立電線を経て2006年からbjリーグの仙台、岩手、青森に9シーズン所属した。15年から2季、秋田NHでプレーし、引退後の17年シーズンは秋田NHクラブアンバサダーとして地域貢献活動や広報を担った。

(全文 873 文字 / 残り 561 文字)