遠い風近い風[井川直子]イタリアに行ってコックになる

お気に入りに登録

 久しぶりの関西出張。今、勢いのあるイタリア料理店を取材するためだ。梅雨明けの真夏日、滝のような汗で顔がどろどろになった私を見て、シェフは言った。

 「お会いしたかったんです」

 2003年に上梓(じょうし)した「イタリアに行ってコックになる」(柴田書店)を読んでくれたのだそうだ。重版もしなかった本なのに、修業中に愛読したという料理人はなぜか多い。関西のシェフは、この本がイタリアへ行く背中を押したと語った。

(全文 1262 文字 / 残り 1059 文字)

この連載企画の記事一覧