明桜サヨナラ勝ち、由利は初の4強 高校野球秋田大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大館鳳鳴―明桜】8回表1死二、三塁、明桜の捕手加藤洋が、内野ゴロで本塁を突く大館鳳鳴の三走藤盛樹の生還を阻止

 第100回全国高校野球選手権記念秋田大会(県高野連など主催)第8日は21日、秋田市のこまちスタジアムで準々決勝の残り2試合を行い、ベスト4が出そろった。

 ▽準々決勝
明桜  3―2 大館鳳鳴
由利 11―1 新屋
 (五回コールドゲーム)

(全文 241 文字 / 残り 124 文字)

大会期間中、試合経過を速報します!