大谷翔平の「今季中の登板期待」 エンゼルスのソーシア監督

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
試合前の取材に応じるエンゼルスのソーシア監督=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)の投球練習再開が可能になったことを受け、マイク・ソーシア監督は20日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムでのアストロズ戦前に取材対応し「リハビリがうまくいって今季中に投げられることを期待している」と語った。

 当初は3段階で中程度の「グレード2」の損傷と診断された右肘は19日に再検査を受けた結果、回復が認められた。同監督によると、同日に本拠地で行われた練習ではバッテリー間に相当する約18メートルの距離でキャッチボールを再開したという。20日は平地でセットポジションから投げた。