海外選手ら続々本県入り バド・秋田マスターズ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新幹線でJR秋田駅に到着したタイの選手ら=22日午後3時10分ごろ

 24日に秋田市のCNAアリーナ(市立体育館)で始まるバドミントンの国際大会「ヨネックス秋田マスターズ2018」に出場する海外の選手、スタッフらが22日、続々と本県入りした。大会は29日まで行われ、16の国・地域から196選手が参加する。

 タイの選手11人、スタッフ3人は22日午後、秋田新幹線でJR秋田駅に到着。男子ダブルスと混合ダブルスに参戦するニピッフォン・ファウングファベット選手(27)は「両種目で決勝に進出し、勝ちたい」と語った。

(全文 508 文字 / 残り 287 文字)