親子で異なる作風味わう 能代市、27日まで絵はがき展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
43点が並ぶ能代市の洋画家・故宮腰喜久治さんと長男隆一さんの絵はがき展

 秋田県能代市の洋画家・故宮腰喜久治さんと長男隆一さん(69)の絵はがき展が23日、同市の畠町新拠点で始まった。作風の異なる2人の作品計43点が来場者を楽しませている。27日まで。

 作品を広く知ってもらおうと、孫の和生さん(36)が2011年6月から毎月、喜久治さんの絵はがき展を開催するようになり、15年1月から隆一さんの作品も加えている。

(全文 397 文字 / 残り 226 文字)