「大友商店」の出店決まる 由利本荘カダーレ内物産館

会員向け記事
お気に入りに登録

 4月末で閉店した秋田県由利本荘市文化交流館カダーレ(同市東町)1階の物産館「ゆりぷらざ」に、特産品の注文販売を手掛ける「大友商店」(同市小人町、大友孝徳代表)が出店することが決まった。店舗名は「ゆりぷらざ」のままで、お盆までに開店する予定。元のゆりぷらざ同様、食品を中心に市の産品などを広く販売する。

 市まるごと売り込み課は「必要に応じて仕入れ先を紹介するなど、運営をバックアップする。駅前の活性化につなげてほしい」としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 503 文字 / 残り 288 文字)

秋田の最新ニュース