「鹿角家」の人口増やそう 新事業のキックオフイベント開催

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パネルディスカッションで、鹿角市でさまざまな活動に取り組む人と意見交換する田中さん(右から2人目)
パネルディスカッションで、鹿角市でさまざまな活動に取り組む人と意見交換する田中さん(右から2人目)

 秋田県鹿角市が本年度新たに取り組む関係人口づくり事業のキックオフイベントが29日、同市十和田大湯の湯の駅おおゆで行われ、島根県のローカルジャーナリスト・田中輝美さん(42)が、市民ら約40人を前に講演した。関係人口づくりのポイントとして「地域の課題」を挙げ、解決するために「あなたの力が必要というメッセージを発信して」と呼び掛けた。

 田中さんは関係人口を「観光以上、定住未満で地域に関わる人」と説明。交流人口との違いについて「地元のイベントで、お客さんとして来場するのが交流人口。会場設営などを手伝い、一緒にイベントを支えてくれるのが関係人口」とした。

(全文 798 文字 / 残り 521 文字)