湯沢雄勝の温泉へ乗り合いタクシー 1日から運行

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
タクシーの車体に貼られたこまちシャトルのステッカー
タクシーの車体に貼られたこまちシャトルのステッカー

 秋田県湯沢市と東成瀬村は1日から、JR湯沢駅や湯沢雄勝地域の温泉地を巡る予約制乗り合いタクシー「こまちシャトル」を4路線で運行する。2次アクセスを強化し、観光客の利便性を高める狙い。10月31日まで。

 湯沢雄勝地域の温泉地は山間部に点在しており、駅発着の公共交通機関は、湯沢駅―小安峡温泉を結ぶ路線バスと、横堀駅―秋の宮温泉郷を走る乗り合いタクシーのみ。

 泥湯温泉や日本三大霊地の一つとされる「川原毛地獄」などには駅からの公共交通機関が通っていない。温泉地同士を結ぶアクセスもないため周遊が難しかった。

(全文 592 文字 / 残り 339 文字)