土佐(聖霊)優勝、能代工3回戦へ 東海インターハイ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
表彰台で優勝盾を手に笑顔を見せる土佐=知多市民体育
表彰台で優勝盾を手に笑顔を見せる土佐=知多市民体育

 2018年度全国高校総体(東海インターハイ)第3日は3日、各地で14競技を行った。県勢は、フェンシング女子個人フルーレで土佐千乃(ゆきの、聖霊2年)が優勝。男子でも宮崎泰我(秋田北鷹3年)が6位入賞を果たした。

 陸上男子走り幅跳びでは、熊谷魁(秋田中央3年)が決勝に進んだが入賞に届かなかった。

 バスケットボール男子の能代工は2回戦で前橋育英(群馬)を大差で下し3回戦進出を決めた。

(全文 276 文字 / 残り 84 文字)

インターハイ県勢の記録はこちらから