光の稲穂夜空に揺れる、竿燈まつり開幕【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
秋田竿燈まつりが開幕。「光の稲穂」が夏の夜を彩った=3日午後7時32分、秋田市の竿燈大通り

 秋田竿燈まつり(国重要無形民俗文化財)が3日夜、秋田市の竿燈大通りで開幕した。過去3番目に多い279本の竿燈が出竿。1万個以上のちょうちんが黄金の稲穂のように揺れ、夏の夜空を彩った。6日まで。

 町内と企業、団体合わせて74竿燈会が参加。「どっこいしょー、どっこいしょ」の掛け声とおはやしに合わせ、差し手の男たちが竿を手のひらや額、肩、腰で支える技を披露すると、観客から歓声と拍手が沸いた。

(全文 313 文字 / 残り 118 文字)