IHフェンシング齋藤(秋商)V バスケ能代工は3回戦で涙

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
表彰台で優勝トロフィーを手に笑顔を見せる齋藤

 2018年度全国高校総体(東海インターハイ)第4日は4日、各地で21競技を行った。県勢は、フェンシング女子個人エペで齋藤華南(はな、秋田商1年)が優勝を飾った。カヌーの男子スプリント・カヤックペア(500メートル)では、本荘の佐々木絵(かい、2年)、阿部智礼(とものり、2年)組が8位入賞。バスケットボール男子の能代工は3回戦敗退。自転車チームスプリントの大曲農は10位で入賞を逃し、弓道男子団体で初出場の角館は決勝トーナメント1回戦で敗れた。

東海インターハイの記録はこちら