大輪のハス、雨露にぬれ鮮やか 由利本荘市西目町・倉田窯

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大輪のハスが咲き誇る倉田窯周辺

 秋田県由利本荘市西目町の陶芸工房「倉田窯」周辺で、陶芸家・倉田鉄也さん(71)の育てたハスが咲き始めた。6日朝には前日からの雨が上がり、雨露にぬれたピンクや白の大輪の花が鮮やかさを増していた。

 倉田さんは秋田市の千秋公園の堀に咲くハスに魅了され、20年ほど前、当時闘病中の妻を喜ばせようと栽培を始めた。工房周辺の休耕田を重機で掘り起こして造成した大小約20の沼と、400個近い鉢やたらいで計約70種類を育てている。

(全文 458 文字 / 残り 250 文字)