准教授がセクハラ、懲戒免職 大館の秋田看護福祉大

お気に入りに登録

 秋田県大館市の秋田看護福祉大学(小泉正樹学長)は6日までに、女子学生2人にセクハラ行為をしたとして看護福祉学部福祉学科の男性准教授(46)を懲戒免職処分とした。処分は3日付。

 同大を運営する学校法人ノースアジア大学によると、准教授は7月下旬の夕方、授業を履修している女子学生らを市内の飲食店に呼び出し、みだらな性的発言を繰り返した。翌日未明に女子学生と二人きりになると、路上で突然手を握り、抵抗する学生に抱きつこうとするなどしたという。その後も無料通信アプリの「ライン」や電話でしつこく連絡した。

(全文 487 文字 / 残り 238 文字)

同じキーワードのイベント情報

秋田の最新ニュース