夏の夜華やかに彩る 鹿角市、花輪ねぷた幻想的に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
花輪ねぷたのフィナーレ。絵灯籠を燃やし、花火を打ち上げた
花輪ねぷたのフィナーレ。絵灯籠を燃やし、花火を打ち上げた

 大型の絵灯籠と太鼓が街中を練り歩く「花輪ねぷた」が7、8の両日、秋田県鹿角市花輪の中心部で行われ、夏の夜を華やかに彩った。

 絵灯籠は将棋の駒をかたどった「王将灯籠」と呼ばれ、高さが5メートル余りある。10町内の絵師が腕を振るい武者絵などを描いた。各町内の灯籠は両日の午後6時半ごろから、太鼓の音に合わせて通りを運行。沿道の住民や観光客を楽しませた。

(全文 341 文字 / 残り 166 文字)