ナガマツら県庁訪問 副知事、県民栄誉章授与伝える

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バドミントン世界選手権について堀井副知事(左)に報告する(右から)松本選手と永原選手

 バドミントン世界選手権の女子ダブルスで初優勝した北都銀行の永原和可那(22)、松本麻佑(23)両選手ら同行バドミントン部の8人が9日、秋田県庁を訪れ、堀井啓一副知事に大会報告を行った。堀井副知事は、県から両選手に県民栄誉章を贈ることを伝えた。

 堀井副知事は「素晴らしい活躍に感謝している。東京オリンピック出場を目指し、ますます励んでほしい」と述べ、県民栄誉章の授与について説明した。

(全文 392 文字 / 残り 200 文字)