絵画や彫刻、個性光る さきがけホールで自由美術・秋田展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自由美術協会会員らの作品が並ぶ会場

 第54回自由美術・秋田展が9日、秋田市山王臨海町のさきがけホールで始まった。自由美術・秋田のメンバー22人が制作した油彩画や彫刻作品など43点が展示されている。12日まで。

 自由美術協会会員の美濃俊幸さん(52)=横手市=は「有機物と無機物のコントラストに興味がある」と話し、今回は自然の中にコンクリート製の構造物を配した油彩画「AREA」(エリア)を出品した。

(全文 348 文字 / 残り 166 文字)