「秋田犬ふれあい処」開設1年 大館市、健康面最優先に運営

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
開設から1周年を迎えた秋田犬ふれあい処。触ったり、写真を撮ったりできる

 秋田県大館市がJR大館駅前で運営している「秋田犬ふれあい処(どころ)」が10日、開設から1周年を迎えた。これまでに2万937人が訪れており、市観光課は「今後も秋田犬の健康面への配慮を最優先に、来場者を迎え入れていきたい」としている。

 ふれあい処は観光客の「秋田犬に触れられる場がほしい」との声を受け、駅員休憩室だった建物を借りてオープンした。ともに2歳の雌で、それぞれ市地域おこし協力隊員と暮らす赤毛の「あこ」、虎毛の「飛鳥」が日替わりで来場者を出迎えている。

(全文 797 文字 / 残り 566 文字)