「県民病」撲滅へ半世紀 「脳研」の名称が変わります

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
名称変更される見通しとなった県立脳血管研究センター

 秋田県立脳血管研究センター(秋田市千秋久保田町)の名称が「県立循環器・脳脊髄センター」に変更される見通しとなった。循環器部門の強化に向け、運営主体の県立病院機構(鈴木明文理事長)が方針決定した。1968年の開設から半世紀にわたり県内外で知られてきた「脳研」の名称は、消えることになる。

 病院機構は循環器部門を強化し、脳血管疾患との包括的医療体制を構築するため、脳研センター西側に新棟を増築中。来年3月に新棟の使用が始まる予定で、病院機構はこのタイミングに合わせて新たな名称に切り替えたい考えだ。

 病院機構は先月の理事会で名称変更を承認。今後、県議会の承認や総務相の認可を経て正式決定となる。

(全文 669 文字 / 残り 373 文字)