柔道男子・高橋(本荘)、4強逃す 東海インターハイ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【柔道男子個人81キロ級準々決勝】8強に食い込んだ本荘の高橋(左)=津市産業SC

 2018年度全国高校総体(東海インターハイ)第10日は10日、三重県内で3競技を行った。県勢は、柔道で男子個人81キロ級の高橋大翔(ひろと、本荘3年)が8強入り、準々決勝では延長戦の末に反則負けを喫したが、県勢男子で今大会唯一の入賞をつかんだ。女子団体の秋田商は、初戦の2回戦で創志学園(岡山)に敗れた。剣道で男子個人の及川拓(秋田南3年)は、12日の準々決勝に進出。女子団体の秋田商は予選リーグで敗退した。

(全文 205 文字 / 残り 0 文字)