日米協議、車や農業折り合わず 9月に持ち越し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者団の取材に応じる茂木経済再生相=10日、ワシントン(共同)
記者団の取材に応じる茂木経済再生相=10日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】日米両政府は10日午後(日本時間11日)、新たな閣僚級貿易協議の2日目を終え、初会合が終了した。自由貿易協定(FTA)を念頭に2国間交渉を求めたトランプ米政権に対し、日本は多国間の自由貿易を重視する姿勢で臨んだが、自動車関税や農業分野などを巡る議論は折り合わず、結論は9月に予定する次回会合以降に持ち越した。両国間の貿易拡大を目指すことでは合意した。

 貿易協議でライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と討議した茂木敏充経済再生担当相は、初会合後の取材に「協議は継続になり、(個別分野は)これから詰めていく」と述べた。