群馬防災ヘリ墜落、9人全員死亡 直前に急旋回、「木と接触」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
群馬県の防災ヘリコプターが墜落した事故で、乗員の救出活動に向かう自衛隊員=11日午前5時18分、長野県山ノ内町
群馬県の防災ヘリコプターが墜落した事故で、乗員の救出活動に向かう自衛隊員=11日午前5時18分、長野県山ノ内町

 群馬県の防災ヘリコプターが同県中之条町の山中に墜落した事故で、県は11日、防災航空隊員ら搭乗者9人全員の死亡を確認したと明らかにした。航空自衛隊のヘリが、機体の残骸周辺で10日に2人、11日に7人を収容した。現地入りした運輸安全委員会の航空事故調査官は「何らかの原因で高度が下がり、木と接触したとみられる」と説明。今後、原因究明に向け調査を本格化させる。

 県警も実況見分。ヘリは消息を絶つ直前に急旋回しており、原因解明の焦点となりそうだ。運航委託先の東邦航空(東京)では、昨年墜落事故があったばかり。

 搭乗していたのは防災航空隊員4人と吾妻広域消防本部の5人。