まとめ:金足農ナインの先輩、ヤクルト石山が大躍進

お気に入りに登録

 夏の甲子園で金足農が1回戦を突破、吉田輝星投手の快投もあって県民の期待は高まるばかりです。一方、プロ野球では金足農出身のヤクルト石山泰稚投手が29歳で迎えた今季、抑えのエースに定着。13日までに3勝19セーブと大躍進を果たしました。金農伝統の雑草魂を胸にプロの世界で戦う石山投手の活躍を紹介します。

【いしやま・たいち】金足農高、東北福祉大、ヤマハを経て、13年にドラフト1位でヤクルトに入団。昨年は中継ぎで66試合に投げた。17年シーズン終了時の通算成績は195試合で15勝22敗10セーブ、防御率3・81。右投げ右打ち。182センチ、75キロ。29歳。秋田市出身。

秋田の最新ニュース