まとめ:終戦前夜の爆撃「土崎空襲」を語り継ぐ

お気に入りに登録

 終戦前夜の1945年8月14日午後10時半ごろから約4時間にわたり、米軍のB29爆撃機約130機が秋田市土崎にあった旧日本石油秋田製油所とその周辺に爆弾を投下した「土崎空襲」。多くの市民や日石従業員、軍関係者が犠牲になった空襲を、当時の新聞記事や節目ごとに掲載された記事から振り返ります。(1945年の記事は旧字体、旧仮名遣い、送り仮名、句読点に手を加えています。文中の〇は、掲載当時の紙面のまま伏字です)

秋田の最新ニュース