金足農、14日に大垣日大戦 16強へ、順調な仕上がり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
シートノックに取り組む金足農の選手=兵庫県尼崎市のベイコム野球場

 第100回全国高校野球選手権記念大会(甲子園球場)第10日の14日、金足農は第2試合(正午開始予定)で大垣日大(岐阜)と対戦する。試合前日の13日は兵庫県尼崎市のベイコム野球場で練習を行い、順調な仕上がりを見せた。

 ナインは気温30度を超す暑さの中、正午から約2時間、汗を流した。ノックでは各選手が軽快な動き。二塁手の菅原天空(たく、3年)は素早く打球に追い付き、送球も正確だった。フリー打撃も行い、初戦で2安打1打点だった打川和輝(3年)ら、各打者が好調ぶりをアピール。芯で捉える打球が多かった。

(全文 580 文字 / 残り 330 文字)

秋田魁新報社電子版|試合結果を速報します!