適時3塁打・菊地彪の背中にセミ 金足農、夏の甲子園

お気に入りに登録

 夏の甲子園2回戦、金足農―大垣日大(岐阜)で2回表に菊地彪がタイムリー3塁打を放った際、背中にセミがとまっていた。秋田魁新報のカメラマンが写真に収めた。

 セミは菊地彪が1、2塁を駆け抜け、3塁にヘッドスライディングした後も背中に付いたままだった。

秋田の最新ニュース