台風15号、九州上陸へ 通過後も大雨警戒を

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
台風15号の予想進路(14日18時現在)

 台風15号は14日、四国の南の海上を北西に進んだ。15日は九州にかなり接近して上陸し、昼ごろには対馬の近海まで移動する見通しだ。気象庁は、九州や四国で、暴風や高波、大雨への警戒を呼び掛けている。台風の通過後も湿った空気が入り、雨が続く可能性があるとしている。雲の広がりや強風域が小さいため、天気の急変に注意が必要だ。

 気象庁によると、風は15日昼にかけて強まり、海上もしけとなる。15日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は九州南部25メートル(35メートル)、九州北部、四国20メートル(30メートル)。