北海道・東北、大雨の恐れ 日本海側、北陸も

お気に入りに登録

 気象庁は14日、前線の活発化や暖かく湿った空気が流れ込む影響で、北海道、東北の日本海側や北陸では15日から16日にかけて、大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒を呼び掛けた。関東甲信も15日午後、大気の状態が不安定になり、局地的に雷雨となる場所があるとしている。

 気象庁によると、15日は北海道付近に停滞した前線に暖かく湿った空気が入り、前線の活動が活発になる。16日は前線上の低気圧が北日本を通過し、前線に向かい湿った空気が流れ込むという。