金足農・吉田、仲間の後押しでギア上げる 甲子園

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
8回裏、大垣日大打線を3者三振に抑え、笑顔でベンチへ戻る金足農の吉田

 仲間の存在が金足農のエース吉田輝星(3年)の投球を後押しした。序盤は苦しんだが、終わってみれば2戦連続の2桁奪三振。「自分を奮い立たせてくれたチームに感謝しかない」と振り返った。

 立ち上がりは悪く、序盤は直球が走らなかった。ストライクゾーンでは甘い球が目立ち、相手打線にはベルト付近の絶好球をはじき返された。打撃マシンを球速150キロに設定するなどしていた大垣日大は目を慣らして試合に臨んでいた。

(全文 676 文字 / 残り 477 文字)