金足農・大友、粘りの勝ち越し弾 バント失敗「次こそ…」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【金足農―大垣日大】8回表1死、金足農の大友が左翼へ本塁打を放つ=甲子園

 3―3の同点。四回から膠着(こうちゃく)した状況の中、金足農の5番大友朝陽(3年)の打球が左翼ポール際に吸い込まれると、4万3千人の大観衆が一気に沸いた。粘投する吉田輝星(こうせい、3年)に報いる勝ち越し本塁打。打のヒーローは「突破口を開けてよかった」と笑みを浮かべた。

 1死一、二塁で迎えた六回の第3打席はスリーバント失敗。「吉田を苦しめてしまった。次こそ絶対打つと思っていた」

 八回の第4打席。大垣日大の2番手杉本幸基(3年)に2球で2ストライクとされたが、しぶとくファウルで食らい付いた。大友は「粘るうちにタイミングが合ってきた。球が見えやすくなってきた」と勝負の打席を振り返った。

(全文 820 文字 / 残り 524 文字)

秋田の最新ニュース