波をかき分け「キッチ」進む 男鹿

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 男鹿半島で素潜り漁などに使われた小舟「キッチ」に乗って速さを競う「男鹿キッチ漕(こ)ぎ大会」が14日、男鹿市の女川漁港で開かれた。県内外の約150人が、両手に持った木の板で力いっぱい波をかき分けゴールを目指した。

 住民らでつくる実行委員会の主催。キッチは丸太をくりぬいて作られていたが、今は作り手がおらず、大会では板を組み合わせて作っている。

(全文 319 文字 / 残り 147 文字)