金足農「えび反り」で校歌も全力 夏の甲子園

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
14日の2回戦に勝ち、上半身を反らせながら校歌を歌う金足農の選手たち

 甲子園球場で行われている第100回全国高校野球選手権記念大会で1、2回戦を突破した金足農(秋田県代表)が試合後の校歌斉唱の際、上半身を反らせて大声で歌う姿がインターネットなどで話題になっている。「すがすがしい」「応援したくなる」などと好意的な反応が目立ち、23年ぶりに16強に進んだ戦いぶりとともに注目されている。

 「校歌を全力で歌おうとすれば上体が自然と後ろにいく」と佐々木大夢(ひろむ)主将(3年)。チームがモットーとする全力プレーを校歌斉唱でも体現しようと、昨年から当時の3年生が主導して始め、現チームも引き継いだ。

(全文 531 文字 / 残り 269 文字)

一打席速報で試合経過を速報!

秋田の最新ニュース